小説【孤島の鬼】あらすじや感想ネタバレ!ストーリーやトリックについても!

小説・ライトノベルの感想ネタバレの参考画像

こんにちは!

 

今回紹介する小説は孤島の鬼です。

この記事は孤島の鬼に関してのあらすじから結末、ネタバレに至るまで詳しく解説します。

最後までごらんください!

 

今回は、

  • 孤島の鬼のあらすじやネタバレ紹介
  • 孤島の鬼を電子書籍で読む方法
  • 孤島の鬼を実際に読んだ感想

を紹介していこうと思います!

孤島の鬼を実際に読んだ感想

sさん

江戸川乱歩の代表長編にして、私が初めて読んだ「大人向け」の小説です。

蓑浦はある恐ろしいことを経験したことによって、まだ30にならないにも拘らず、髪が真っ白・・・。

主人公の蓑浦の一人称の語り口で、物語は始まります。

 

かつて蓑浦は同僚の初代と恋に堕ちますが、そこに諸戸という男が初代に求婚をせまる形で登場してきます。

そんなある日、初代が密室状態の部屋で何者かに殺されてしまいます。

 

事件に諸戸が関わっていると察した蓑浦は、諸戸が育った紀伊半島の沖の孤島に2人は行くことになります。ここまでが小説の前半なのですがここからは敢えて触れません。

 

これから読もうとする人の楽しみを奪いかねないので。

 

前述の「初めて読んだ大人向けで」あるが故にこの小説で使われているあて字を始めとして、小学6年生が難読な用語は祖父に教えてもらいながら読んだ記憶があります。

 

今でも色褪せず、記憶に残る一作です。

孤島の鬼の続きを読む場合はこちらの記事を参考にしていただければ無料で読むことが出来ます。是非チェックしてください。

関連記事⇒小説【孤島の鬼】スマホ・タブレットで電子書籍を無料で読む方法!購読できるサービスを紹介!

孤島の鬼を電子書籍で読む方法

さて、面白そうな孤島の鬼、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。

電子書籍だと、自分の持ってるスマホやタブレットで見れますし本屋や図書館に行く手間もいりません。

文庫本で気にしてしまう、何の本を読んでるのか周りの人に知られることもありません。

そんなあなたのために今すぐ電子書籍で読める方法をお教えしましょう!

それが、

「AmazonのKindle」

です。

 

電子書籍で小説を読むことになると、通信料金や料金・安全面なんかも気になってきますよね。

今回紹介するサービスは安心安全です。

読みたい本をその場ですぐに購入することが出来るので、どこでも読書が楽しめますね。

Amazon Unlimited

Amazonの電子書籍のKindleは一度会員登録すれば、欲しい本を検索してワンクリックで購入可能です。

これは余計な手間なく、便利ですよね。

 

実は月額料金で月10冊分の本が読み放題のKindle Unlimitedというサービスがあります。

Amazon Unlimitedはマンガ・雑誌・小説・ハウツー本など様々なジャンルンの本を読むことが出来ます。

ダウンロード出来る本が10冊なので、ダウンロードしたものを削除すれば更に本を読むことが出来ます。

10冊という縛りがあるように見えますが、つまりは月額料金で読み放題ということです。

 

ただダウンロードということですが、契約を解除すれば自分のスマホには情報は一切残りません。

データ化した本を買うというよりは、本を読む権利を買うということです。

 

孤島の鬼の電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

まとめ

今回は、

  • 孤島の鬼のあらすじやネタバレ紹介
  • 孤島の鬼を電子書籍で読む方法
  • 孤島の鬼を実際に読んだ感想

を紹介しました。

 

 

それではまた!

孤島の鬼の電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です