KindleUnlimitedの登録・解約方法を紹介!メリット・デメリットを調べてみました!

こんにちは!

今回はAmazonの電子書籍定額制で、読み放題サービスの「Kindle Unlimited」について紹介したいと思います。

Unlimited=無制限ということで、読み放題のプランです。

電子書籍は利用してますが、本を購入するものばかりです。

電子書籍の定額制で読み放題というものは珍しく、どんなものか調べてみました!

 

今回はAmazonの定額制読み放題の電子書籍サービス、

  • Kindle Unlimitedの登録・解約方法
  • Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

について調べてみました。

Kindle Unlimitedの登録・解約方法

まずは登録・解約方法について紹介したいと思います。

Kindle Unlimitedの登録方法

①まずは公式サイトへ、またはアプリをダウンロード

 

Amazonのアカウントでログインします

Kindle Unlimited参照

登録していない場合は新規登録します。

※ここで好きなジャンルを選択します。

選択したジャンルのおすすめがトップページに出てきます。

 

③Kindleストアの「Kindle Unlimited読み放題」

Kindle Unlimited参照

 

④初回の人は「30日間の無料体験」を選択

Kindle Unlimited参照

 

⑤支払い方法のクレジットカードの情報入力

Kindle Unlimited参照

無料期間を過ぎたら自動的に決済できるように、最初に登録します。

でもちゃんと解約すれば、請求されることはありません。

 

これで登録完了です!

 

Kindle Unlimitedの解約方法

①Kindle Unlimitedのマイページへ

「Kindle Unlimitedの会員登録をキャンセル」を選択します。

Kindle Unlimited参照

 

②無料期間が残ってる場合、確認の文章が出ます

「メンバーシップを終了する」を選択します。

Kindle Unlimited参照

 

解約完了

Kindle Unlimited参照

Kindle Unlimitedの無料体験は、いつ解約しても無料期間までは利用することが出来ます!

無料期間が終わったら、自動的に決済が始まるので心配な人は先に解約しててもいいと思います。

 

Kindle Unlimitedはこちらから

Kindle Unlimitedのメリット

まずはKindle Unlimitedのメリット紹介したいと思います。

読み放題の数・ジャンルが豊富

Kindle Unlimitedは月額料金980円で、Kindle Unlimited対象の作品がなんでも読み放題です!

作品は和書17万冊、洋書120万冊なので読み放題のサービスの中では圧倒的な数を誇っています。

洋書は英語だけではなく、フランス語やスペイン語・ポルトガル語の本が読み放題です。

ワールドワイドなAmazonならではのラインナップですよね!

 

しかも読み放題の本は、随時更新しているので読むものがない、ということがありません。

書店では見当たらない、本もKindle Unlimitedで検索をかけると出てきたりします。

本好きにはたまらないサービスですね。

高額な本も読み放題

他の読み放題のサービスがマンガや雑誌だけに特化してる中、専門書や自己啓発本・ビジネス書にいたるまで様々なジャンルの本が読み放題になってます。

中には5,000円以上する高額なものや、1,000円以上する本を何冊読んでも月額980円です。

Kindle Unlimitedは普段から仕事や趣味のために、読書に親しんでる人には加入しておきたいサービスですよね。

 

いくら愛読家でも、月々の読書にかける金額は制限があります。

高額な専門書、学術書や研究所のちょっと読みにも使えますよね!

スポンサーリンク

無料体験キャンペーンがある

Kindle Unlimitedに新規で登録すると、30日間の無料体験が出来ます。

無料期間中に料金の請求は発生しませんし、途中で解約することも出来ます。

ただ最初にクレジットカードの情報の情報を入力しているので、無料期間をすぎると月額料金の980円が自動的に請求されます。

つまり30日間がすぎるまでに解約すれば、その期間中は実質無料で利用することが出来ます。

 

でも実は解約してもKindle Unlimitedは利用することが出来ます。

なので絶対に料金が発生してほしくない人は、最初に解約しておくほうが良いと思います。

そうすれば無料期間が終わるまで、安心して楽しむことが出来ます。

オフラインでも読める

Kindle Unlimitedの対象の作品は、自分の端末にダウンロードしてインターネット回線がないオフラインの環境でも電子書籍を楽しむことが出来ます。

小説やビジネス書など読むのに時間がかかる本は、一度ダウンロードしてしまえば通信制限などを気にする必要もありません。

 

Wi-Fiなどで事前ダウンロードしておけば、通勤通学などのWi-Fiがない場所でも気軽に電子書籍を楽しむことが出来ます。

Kindle Unlimitedはこちらから

Kindle Unlimitedのデメリット

次にKindle Unlimitedのデメリットを紹介したいと思います。

Kindle Unlimited対象以外の作品は別途有料

読み放題なのはKindle Unlimitedの対象作品のみです。

特に新刊やベストセラーの作品のほとんどが読み放題の対象外になってるので、注意が必要です。

ただ一部の雑誌は発売日の翌々日などに読み放題となるので、昔から定期購読してる人はKindle Unlimitedは検討に値するサービスと言えます。

 

ですがKindle Unlimitedと、それ以外の作品の区別は分かりにくくなっています。

読み放題で読むボタンと並んで「1クリックで買う」ボタンがあります。

なので間違って「1クリック」を押してしまったら、あっという間に決済してしまってます。

取り消しもきかないし、間違って購入しやすくなってるのでしっかりチェックしてください。

読み放題対象の作品は随時更新される

良くも悪くも、読み放題の作品は随時更新されます。

過去にはAmazonの予想に反して人気になった本が、読み放題から外されるということもありました。

気に入った作品ほど、先にダウンロードして保存しておく必要がありますね。

 

更にKindleストアでは、定期的に人気コミックの無料キャンペーンを開催してます。

これによって有料の本を読み放題で読むことが出来ます。

これはKindle Unlimitedを利用するメリットでもありますが、キャンペーンが終了するとその電子書籍を購入しないといけません。

10冊以上はダウンロード出来ない

読み放題でダウンロード保存できる本は10冊のみです。

更に読みたくなっても、1冊削除すれば1冊ダウンロードして読むことが出来ます。

 

最初はずっと保存していたい本は少なくて、10冊制限は気にならないかもしれませんが、長期間利用してるととっておきたい本も増えてくるかもしれません。

Kindle Unlimitedは読んでは削除する読み方が適してるますね。

まとめ

今回はAmazonの定額制読み放題の電子書籍サービス、

  • Kindle Unlimitedの登録・解約方法
  • Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

について調べてみました。

 

今までいろんな電子書籍や動画配信サービスに登録してきましたが、少し分かりにくく思いました。

手順は単純だし引き止めるような細工はないのですが、使う言葉がキャンセルや終了なので退会や解約と分かりにくいですよね。

でも解約しても無料期間いっぱいまでサービスが楽しめるのは、かなりの好ポイントです!

 

読み放題も本が好きで、なんでも読むって人にはオススメです。

気になる人はぜひお試し期間で自分で体験してみてください!

Kindle Unlimitedはこちらから

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です