小説【風の歌を聴け】あらすじや感想ネタバレ!シリーズや試し読みについても!

小説・ライトノベルの感想ネタバレの参考画像

こんにちは!

今回紹介する小説は風の歌を聴けです。

この記事は風の歌を聴けに関してのあらすじから結末、ネタバレに至るまで詳しく解説します。

最後までごらんください!

 

今回は、

  • 風の歌を聴けのあらすじやネタバレ紹介
  • 風の歌を聴けを電子書籍で読む方法
  • 風の歌を聴けを実際に読んだ感想

を紹介していこうと思います!

風の歌を聴けのあらすじやネタバレ紹介

それでは早速、風の歌を聴けのあらすじネタバレを紹介したいと思います。

 

村上春樹の処女作。

大学生の「僕」が東京から里帰りして過ごした1970年の夏休みの18日間のストーリーです。

いや、ストーリー、といってもそこには説明するほどの「筋立て」はありません。

「僕」がジェイズ・バーに通って「鼠」と呼ばれる相棒とビールを飲む、というのがこの作品の骨格です。

もちろんそこにエピソードらしいものはあります。

ジェイズ・バーの洗面所に倒れていた、左手の指が4本しかない女の子との出会いと淡い交歓、犬の漫才師と呼ばれるラジオDJ、デレク・ハートフィールド、ビーチボーイズのレコードを借りた女の子との思い出。

しかし、この作品では基本的に「何も起こらない」。

だれも死なないしセックスもしない。ただ「僕」の毎日が淡々と過ぎて行くだけでした。

 

風の歌を聴けの続きを読む場合はこちらの記事を参考にしていただければ無料で読むことが出来ます。是非チェックしてください。

関連記事⇒小説【風の歌を聴け】スマホ・タブレットで電子書籍を無料で読む方法!購読できるサービスを紹介!

風の歌を聴けを電子書籍で読む方法

さて、面白そうな風の歌を聴け、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。

電子書籍だと、自分の持ってるスマホやタブレットで見れますし本屋や図書館に行く手間もいりません。

文庫本で気にしてしまう、何の本を読んでるのか周りの人に知られることもありません。

そんなあなたのために今すぐ電子書籍で読める方法をお教えしましょう!

それが、

「AmazonのKindle」

です。

 

電子書籍で小説を読むことになると、通信料金や料金・安全面なんかも気になってきますよね。

今回紹介するサービスは安心安全です。

読みたい本をその場ですぐに購入することが出来るので、どこでも読書が楽しめますね。

Amazon Unlimited

Amazonの電子書籍のKindleは一度会員登録すれば、欲しい本を検索してワンクリックで購入可能です。

これは余計な手間なく、便利ですよね。

 

実は月額料金で月10冊分の本が読み放題のKindle Unlimitedというサービスがあります。

Amazon Unlimitedはマンガ・雑誌・小説・ハウツー本など様々なジャンルンの本を読むことが出来ます。

ダウンロード出来る本が10冊なので、ダウンロードしたものを削除すれば更に本を読むことが出来ます。

10冊という縛りがあるように見えますが、つまりは月額料金で読み放題ということです。

 

ただダウンロードということですが、契約を解除すれば自分のスマホには情報は一切残りません。

データ化した本を買うというよりは、本を読む権利を買うということです。

 

風の歌を聴けの電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

風の歌を聴けを実際に読んだ感想

風の歌を聴けを実際に読んでみた感想です。

 

最初に書きましたが、本作は「僕」が回想という形で20歳の夏の18日間を語ります。

しかし、読み終わった後には、何が語られていたのか明確なところはよく掴みきれない気がします。

ストーリーを追って読むべきものではなく、著者の感性を読者の感性で受け止めるといった小説なのかもしれません。

物語がないと言っている訳ではありません。

もちろん18日間の出来事が描かれています。

しかし読み終わった後の感覚としては、物語を理解する理性的な面よりも感情というか感覚に直接訴えてくるような感じです。

まとめ

今回は、

  • 風の歌を聴けのあらすじやネタバレ紹介
  • 風の歌を聴けを電子書籍で読む方法
  • 風の歌を聴けを実際に読んだ感想

を紹介しました。

この小説風の歌を聴けのあらすじ、参考になったでしょうか。

面白いので、ぜひ読んでみてください!

 

それではまた!

風の歌を聴けの電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です