小説【あん】あらすじや感想ネタバレ!シリーズや試し読みについても!

小説・ライトノベルの感想ネタバレの参考画像

こんにちは!

今回紹介する小説はあんです。

この記事はあんに関してのあらすじから結末、ネタバレに至るまで詳しく解説します。

最後までごらんください!

 

今回は、

  • あんのあらすじやネタバレ紹介
  • あんを電子書籍で読む方法
  • あんを実際に読んだ感想

を紹介していこうと思います!

あんのあらすじやネタバレ紹介

それでは早速、あんのあらすじネタバレを紹介したいと思います。

 

どら焼き屋の「どら春」で働く主人公の千太郎は暗い過去を背負いながら、借金の肩代わりをしてもらった「どら春」のオーナーのために働いていました。

「どら春」では生地は千太郎が焼いていたが、あんは業務用のあんで済ませていました。

ある日、吉井徳江という老婆が「どら春」に現れ、時給は低くても構わないから「どら春」で働かせてくれないかと懇願してきます。

徳江のあんを食べた千太郎は、あん作りだけでもお願いできればと徳江を雇うことにしました。

しかし徳江はハンセン病の元患者であり、次第にその噂が広まると「どら春」のお客は減っていってしまいました。

この物語は現代を生きる私たちが、元ハンセン病患者の方々とどのように向き合えばよいか。

また生きる意味を見失いつつある多くの人たちに「生きる意味とは何か」を元ハンセン病患者の徳江と「どら春」亭主の千太郎を通して、繊細に描いた物語です。

 

あんの続きを読む場合はこちらの記事を参考にしていただければ無料で読むことが出来ます。是非チェックしてください。

関連記事⇒小説【あん】スマホ・タブレットで電子書籍を無料で読む方法!購読できるサービスを紹介!

あんを電子書籍で読む方法

さて、面白そうなあん、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。

電子書籍だと、自分の持ってるスマホやタブレットで見れますし本屋や図書館に行く手間もいりません。

文庫本で気にしてしまう、何の本を読んでるのか周りの人に知られることもありません。

そんなあなたのために今すぐ電子書籍で読める方法をお教えしましょう!

それが、

「AmazonのKindle」

です。

 

電子書籍で小説を読むことになると、通信料金や料金・安全面なんかも気になってきますよね。

今回紹介するサービスは安心安全です。

読みたい本をその場ですぐに購入することが出来るので、どこでも読書が楽しめますね。

Amazon Unlimited

Amazonの電子書籍のKindleは一度会員登録すれば、欲しい本を検索してワンクリックで購入可能です。

これは余計な手間なく、便利ですよね。

 

実は月額料金で月10冊分の本が読み放題のKindle Unlimitedというサービスがあります。

Amazon Unlimitedはマンガ・雑誌・小説・ハウツー本など様々なジャンルンの本を読むことが出来ます。

ダウンロード出来る本が10冊なので、ダウンロードしたものを削除すれば更に本を読むことが出来ます。

10冊という縛りがあるように見えますが、つまりは月額料金で読み放題ということです。

 

ただダウンロードということですが、契約を解除すれば自分のスマホには情報は一切残りません。

データ化した本を買うというよりは、本を読む権利を買うということです。

 

あんの電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

あんを実際に読んだ感想

あんを実際に読んでみた感想です。

 

平等な社会や差別や偏見の全くない社会を生きることを私たちが生きることは、事実上難しいです。

たとえば、貧富の差でいえば、どんなに貧しい家庭に生まれ育った人が頑張ったとしても、裕福な家庭で生まれた人には経済力も学力も勝てないことが多いです。

このようにさまざまな要因で、どのように自分の人生を生きる上でもがいても、どうにもならない変えられないことはたくさんあります。

ハンセン病に罹患したことは、誰のせいでもありません。

まして、悪いことをしたから罰を受けたわけでもなんでもない、明らかに不当な差別であり、どのようにあがいても変えられない、過酷な運命です。

ですが、そのような人生でも希望を見出し生きていくということに対して、前を見続けた徳江の人生は、希望をなかなか持つことのできない人生を生きている多くの人たちにとって、一本の道しるべになるのではないかとこの本を通して、考えさせられました。

まとめ

今回は、

  • あんのあらすじやネタバレ紹介
  • あんを電子書籍で読む方法
  • あんを実際に読んだ感想

を紹介しました。

この小説あんのあらすじ、参考になったでしょうか。

面白いので、ぜひ読んでみてください!

 

それではまた!

あんの電子書籍はAmazon Unlimitedから読みましょう↓↓

Kindle Unlimitedはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です